シミ対策の中でも最も重要なのは、肌のターンオーバーを促進してあげる事。どんなにシミ対策をしている肌でも、太陽光線の下に出れば多かれ少なかれ紫外線を浴びて、肌は紫外線を吸収強いてしまう事になります。しかし、少しぐらいの紫外線なら肌のターンオーバーによって体外に排出できるので、シミを作らずにシミ予備軍を撃退する事ができます。

 

シミ対策の中でも効果的なのが、毎日の食事内容を工夫してシミを作らない成分を積極的に摂取するという食事療法ですね。シミを作らないような肌質を作ったり、シミを薄くする肌質を作るためには、ビタミンCなどの抗酸化成分をたっぷり摂取するのがオススメ。ビタミンCは万能のビタミンとも呼ばれているビタミンで、抗酸化作用があるだけでなく、血行促進作用なども期待する事ができます。ビタミンCをたくさん含んでいる食材なら、緑黄色野菜やフルーツなどが良いでしょう。その中でもほうれん草、ブロッコリー、パセリ、キャベツなど色の濃い野菜にはビタミンCがたっぷり含まれているので、ぜひ積極的に毎日食べたいですね。

 

フルーツにもビタミンCがたっぷり含まれていますが、イチゴやキウイのような柑橘系のフルーツは注意が必要です。酸っぱい柑橘系のフルーツにはメラニン色素の働きを活性化させる働きのある成分などが含まれているため、こうした食材を食べて紫外線を浴びると、シミや色素沈着を起こしやすくなってしまいます。柑橘系のフルーツでビタミンCを摂取するなら、夜がオススメです。

 

肌のターンオーバーを活性化する事が出来る血行促進成分も、普段の食生活で積極的に食べたい成分ですね。体が冷えると血行不良になってしまうので、血行促進という点では体が冷える生野菜などは余りオススメではありません。レタスなど生で食べる野菜を食べる場合には、体が冷えすぎないようにスープなど温かいものと合わせて食べるようにしましょう。体を温めてくれるしょうがやニンニクなどの香辛料もオススメです。

 

アマゾンで売れているシミ対策医薬品を見る!

 

シミ対策商品当サイト人気ランキングを見る!