シミは、出来てしまってから治療するよりも、出来ないように予防するのが理想的です。肌の表面に出来てしまったシミは、普段のスキンケアだけで治療しようとしてもなかなか消し去る事が出来ませんし、ホルモン異常が原因の肝班などは、皮膚科や美容クリニックなどでシミ治療の薬を処方してもらわない限りはなかなか自己流に消すことが出来ません。

 

シミで悩んでいる人の中には、シミ治療のために皮膚科などを訪れる人も少なくありません。基本的にシミを治療するためには、シミがある部分に病院で処方される薬を塗布する治療法が一般的ですが、処方される薬を塗ったからと言って一朝一夕にシミを消す事ができるというわけでもありません。病院でシミ治療のために処方される薬には、高濃度のビタミンCやハイドロキノンなどの美白成分のクリームが処方される事が多いようです。このクリームを肌の新陳代謝に合わせて肌に塗布するので、夜寝る前にシミのある部分に薬をつけるという治療方法が多いようですね。

 

ビタミンCやハイドロキノンなどの成分は、スキンケアなどにも配合されている美白成分。しかし、病院で処方してもらう薬となると、配合濃度が圧倒的に異なるので、使い方には注意が必要です。高濃度の美白成分を肌に塗布したまま紫外線を浴びると、その部分がメラニン色素を過剰に吸収して、更にシミが濃くなってしまうこともあります。そのため、シミ治療中にはできるだけ外出しないように指導される事も少なくありません。また、シミ治療中に外出する時には、シミの部分にテープなどを貼ったりしてシミに紫外線が当たらないような工夫をする事も必要です。

 

病院から処方してもらった薬を使っても、シミを消すにはかなりの時間がかかってしまいます。肝班ではなく老班タイプのシミなら、レーザー施術によってスピーディにシミを取り除く事ができるので、シミ治療に時間をかけたくない場合にはそうした方法でシミ治療をするのも良いでしょう。

 

アマゾンで売れているシミ対策医薬品を見る!

 

シミ対策商品当サイト人気ランキングを見る!