「シミ取りクリーム」として人気があるクイノールは、配合されている成分を見るとアッと驚くクリーム。シミ取りクリームというと通常なら、美白効果のあるビタミンCやアルブチンなどがマイルドに配合されているものが多いのですが、クイノールに配合されている成分は、なんと「美白成分」を通り越して「漂白成分」と呼ばれているハイドロキノンをたっぷりと配合しているだけでなく、ピーリング効果のあるAHAもたっぷりと配合されています。通常は医師の処方箋がなければ手に入れる事が出来ない強力な成分「ハイドロキノン」を配合しているスキンケアは他にもありますが、クイノールのハイドロキノン配合率は業界5位なのだそうです。そして、AHAの配合率も業界第2位。古い角質の上に乗っているシミは確実に、そして徹底的に落とす事ができる効果が目に見えるようなクリームなのです。

 

クイノールは、出来ているシミを体外に排出する役割をしているだけでなく、これからできるシミ予備軍を徹底的に抑制する働きもしています。メラニン色素が作られないように抑制し、茶色く色のついたメラニン色素は脱色して元に戻す、そして既に時遅しのシミは対外へ排出する、という3つの働きを同時にしてくれる心強いシミ取りクリームと言うわけですね。

 

配合成分があまりに強力なクイノールは、それだけ肌への負担や刺激も大きいのがデメリット。肌トラブルを起こしやすい人や敏感肌の人にとっては、もしかしたら肌が赤くなってしまったりかゆくなってしまう事もあるかもしれません。普段はそうした刺激に対して大丈夫な人でも、配合成分が強いクイノールなどを使う場合には、最初にパッチテストをしてから行なうようにしてくださいね。

 

クイノールは夜用クリームなので、朝に使うのはNGです。ハイドロキノンをつけた後に紫外線を浴びるとメラニン色素の働きが活発になってしまうので、クイノールをつけたら外出しないようにしましょう。

 

クイノールの詳細を見る