普段の生活の中で紫外線対策をする事は、シミが出来ないように予防するための最大の防御策になります。シミが出来る原因にも色々ありますし、紫外線とは関係なくシミが出来てしまう場合もあります。しかし、紫外線はシミが出来る原因の中でも最も多い原因なので、紫外線対策を行なう事によって作らなくてもよいシミは予防する事ができるというわけです。

 

紫外線対策というと、日差しが強い真夏だけ気をつければ良いのかなという気もしますが、そういうわけではありません。真夏の日差しが強い時には、必要最低限しか紫外線を浴びないように気をつける事はもちろん、曇っていても雨が降っていても、紫外線が強い季節には必ず日焼け止めを塗ってから外出するようにしましょう。また、紫外線がそれほど強くない季節でも、徹底的にシミを予防するためには、冬でも日焼け止めを塗るぐらいの気持ちが必要です。

 

日焼け止めを塗っていても安心はできません。日焼け止めの効果は一度塗って一日中効果を発揮するというものではありません。アウトドアなどで紫外線を浴びる場合には、できるだけ直射日光を浴びるのは1時間当たり10分程度に抑えて、直射日光を浴びないように心がけましょう。そして、日焼け止めも2時間で効果がなくなると考えて、2時間ごとに塗りなおすことが必要です。

 

顔は紫外線対策をきちんとしていても、首や肩など衣類から出ている部分は容赦なく紫外線を浴びてシミが出来てしまいますから、日焼け止めを塗る場合には、衣類でカバー仕切れない部分には確実に塗るようにしてくださいね。

 

紫外線を継続して浴び続けると、肌の奥の真皮層で生成されているコラーゲンが生成されにくい肌環境を作ってしまいます。そうすると、そこで生成される肌細胞にはコラーゲンが少なくなって弾力性がないシワシワな細胞になってしまうわけですね。紫外線対策をする事は、シミを予防するだけではなく、シワを予防する事にもつながりますし、肌の弾力をキープする事にもつながります。

 

アマゾンで売れているシミ対策医薬品を見る!

 

シミ対策商品当サイト人気ランキングを見る!