シミの原因には色々あります。どんなにシミ取り治療をしていても、原因を突き止めてシミが出来ないような予防策を講じないと、次から次へとシミが増えてしまうので気をつけましょう。シミの原因は一つだけではなく、複数の要因が重なってシミとなってあらわれる事もあります。

 

・紫外線
シミの原因の中でも最も一般的なのが、この紫外線によるシミですね。肌細胞にあるメラニン色素が紫外線を吸収して褐色になってしまい、肌のターンオーバーが正常に行なわれなかったりすると、その部分がシミとなって残ってしまいます。

 

・ホルモンバランス
肝班の原因になりやすいのが、この女性ホルモンのバランスが崩れてしまうという原因です。妊娠中やピルなどを服用している女性は肝班ができやすいといわれているのはそのためですね。30代〜40代にかけてホルモンバランスが崩れやすい女性も、肝班が出来やすくなってしまいます。

 

・ストレス
ストレスは万病の元。ストレスによって肌のターンオーバーも乱れてしまう事もあります。肌のターンオーバーが正常に行なわれないと、その部分がシミとして残ってしまいます。ストレスが原因のシミは、頬骨やおでこなどにあらわれる事が多いようです。

 

・加齢
肌のターンオーバーは通常28日周期ですが、加齢によって35日周期、時にはそれよりも長くなってしまいます。ターンオーバーが遅くなるとメラニン色素がなかなか肌から抜けないために、シミが増えてくるようですね。

 

・食生活
抗酸化作用があるといわれているかんきつ系のフルーツ、例えばレモンやオレンジなどにはメラニン色素を増やす成分ソラーレンが含まれています。そのため、こうした食べ物をたくさん食べた後に紫外線を浴びると、シミができやすくなるようです。

 

・自律神経
口元にホクロのようなシミがある人は、自律神経のバランスが崩れやすい人。ストレスや疲れなどによってバランスが崩れてしまう自律神経は、できるだけ睡眠時間をたっぷり確保したりしてバランスを保つようにしたいですね。

 

アマゾンで売れているシミ対策医薬品を見る!

 

シミ対策商品当サイト人気ランキングを見る!