同じように見えるシミでも、シミができる場所や大きさなどによっていくつかの種類に分類する事ができます。シミの種類によって治療法も異なるので、顔のシミが気になる人は一度皮膚科などでシミの種類をチェックしてもらうのも良いかもしれませんね。

 

・老班
老人性色素班とよばれるタイプのシミは、若い時に無防備に紫外線を浴びていた人にできやすい種類のシミです。日焼けしやすい部分に出来る事が多い老班は、程度が軽いものなら美白ケア用スキンケアなどで治療する事も出来ますが、ある程度はっきりした濃さになった場合には、美容皮膚科や美容外科などでレーザー治療をするのが最適な治療法となります。

 

・肝班
左右対称にできるという特徴を持つ肝班は、目尻から頬にかけて現れやすいシミです。30代以上の女性に良くできる肝班は、女性ホルモンのバランスが崩れる事によってできやすいと言われていて、妊娠中などにも肝班ができてしまう事もあります。肝班は体の内側から現れるシミなので、どんなに日焼け止めを活用していても完全に予防する事ができません。また、シミ取りのレーザー治療などで治療する事が出来ないので、ハイドロキノンなどの美白成分を使って治療する事になります。

 

・太田母斑
生まれた時から肌にあるアザの事で、色は青、赤、茶色の色で表れます。生まれもってのシミですが、思春期ごろにふとあらわれる事も多いようですね。太田母斑はレーザー治療によって治療する事が出来ます。

 

・脂漏性角化症
平らなホクロのようにあらわれる脂漏性角化症は、時間とともにイボのように盛り上がってくるタイプのシミです。色は茶色なので、盛り上がったホクロのように見える事も多いようですね。レーザー治療で取り除く事ができます。

 

・炎症性色素沈着
ニキビ跡やかぶれなど、肌の炎症がそのまま残ってしまうタイプのシミです。紫外線に当たると更に色が濃くなってしまいますが、ターンオーバーによって少しずつ自然治癒していく事もあるようです。肌の深い部分にあるシミなので、レーザー治療ではなくピーリング治療を行います。

 

アマゾンで売れているシミ対策医薬品を見る!

 

シミ対策商品当サイト人気ランキングを見る!