できるだけ短期間で気になるシミやそばかすをスッキリ消したいという人は、薬効レベルの効果が期待出来る医薬品のシミ取りクリームを使う方法がおすすめです。皮膚科を受診すると薬を処方してもらうこともできますが、ドラッグストアなどでも購入できる薬がありますし、海外の医薬品を格安で個人輸入する方法もおすすめです。医薬品のシミ取りクリームに配合されている成分には、ハイドロキノンやルミキシルペプチドなどがあり、クリームを選ぶ際にはこうした成分が入ったものを選ぶと良いでしょう。

 

少し前までは、ハイドロキノンもルミキシルペプチドも日本国内での使用は認められていませんでした。しかし近年になってハイドロキノンの使用が厚生労働省によって認められたため、現在ではハイドロキノンが入った医薬品クリームやスキンケア商品などは購入することができます。漂泊成分として知られているこの成分は、配合濃度が高くなると肌にとって刺激となってしまうため、トラブルを起こしやすくなってしまうというリスクはあるものの、ほかのどの成分よりも確実にシミの原因となるメラニン色素を分解してくれる作用があるので、短期間でもスッキリとシミ取り対策ができます。

 

日本国内ではまだ認可されていないルミキシルペプチドは、アメリカのスタンフォード大学の皮膚科専門研究者によって開発された美白成分です。ハイドロキノンよりも17倍の美白効果がある成分として海外では大人気となっていて、シミはもちろんくすみや肝斑、ニキビの跡などもスッキリと取り除くことができます。

 

この成分が優秀な点は、メラニンを均一に抑えることができるので、肌の一部分だけ色が抜けてしまうという心配がないという点。しかも、ハイドロキノンのように肌にとって刺激となりにくいので、敏感肌の人でも安心して使うことができます。日本国内では認可されていない成分なので、医薬品クリームとしても見つけることはできませんが、海外からの個人輸入を利用すれば商品を購入することが可能です。

 

アマゾンで売れているシミ対策医薬品を見る!

 

シミ対策商品当サイト人気ランキングを見る!