シミは、肌細胞の中にあるメラニン色素が茶色に変色してしまったもの。そのため、茶色の肌細胞がそのままターンオーバーなどで体外に排出されれば、そこにあるシミも肌細胞と一緒に排出される事ができます。肌のターンオーバーのメカニズムを利用してシミ治療に活用したものが、ケミカルピーリングという方法ですね。

 

ケミカルピーリングとは、自然な肌のターンオーバーを待つのではなく、化学成分を使って肌の表面の角質層を意識して剥がすというう美容施術のひとつです。本来なら皮膚科などの医師の元で行なうのですが、顔が真っ赤に晴れ上がって外出できなくなってしまうダウンタイムなども発生するので、トライしてみたくてもなかなか勇気が出ない人、仕事が長期で休めない人なども多いですよね。

 

皮膚科で行なうケミカルピーリングほど強力でなくても、マイルドで自宅で使う事が出来るケミカルピーリングとしてラインナップされているのが、ピーリング効果のある固形タイプの洗顔石鹸です。毛穴のつまりや角質の表面を一皮向いて肌のターンオーバーを促進する事が出来るピーリング石鹸は、家庭でできるケミカルピーリングと言っても過言ではありませんね。

 

ピーリング石鹸に使われているピーリング成分は、グリコール酸やAHAなどのフルーツ酸。これらの成分は皮膚科で行なうピーリング成分と同じで、違うのは濃度のみ。そのため、プロのケミカルピーリングの効果をマイルドにした効果を確実に実感する事が出来ます。自宅でのピーリングは、一度だけではなく、週に1度ぐらいのペースで定期的に行なうのがポイント。頻繁すぎるピーリングはかえって肌に負担をかけてしまうのでNGですから、多くても週に1度か2度ぐらいに押さえておきましょう。

 

皮膚科などでケミカルピーリングを行なう場合には、ニキビ治療として行われるケミカルピーリングよりも浅い深さでピーリングをするので、グリコール酸が使われる事が多いようですね。もちろん、シミのタイプや大きさなどによっては別の治療法が適している場合もあるので、医師の指示に従って適切なシミ治療をするようにしましょう。

 

今全国で大人気!! エイジングケア最新美容医療【東京美容外科】の詳細を見る!